カリフォルニア2秒停止しただけで駐車違反。この体験から得た教訓

日常のこと

今回は、私の身におきた痛々しい経験、先日起きた駐車違反のチケットを切られた時のことをお話ししようと思います。

今回のことは、中西部での運転しかしたことない私にとってはまさに”知らなかった〜”という体験でした。(恐らくカリフォルニアに住んでいる人たちにとっては常識なのかもしれませんが)

引っ越してきた地、カリフォルニアで、新たに運転免許書を取得し、ようやく運転にも慣れてきたなぁという矢先の出来事でした。

カリフォルニアで駐車違反を切られた経緯

毎朝、2人の子供(中学生と高校生)を学校まで送っています。学校は街の中心部にあり、いつも子供の送り迎えの車で渋滞しています。

いつもは余裕をもって出るのですが、その日の朝は、いつもより5分くらい遅く出発しました。そのたった5分が後々命取りになるものです。

8時20分、学校付近に着いた時は既に校舎の駐車場に左折する車の長蛇の列。8時半の授業開始時に着席してなければ、娘は遅刻でTardyをとられていましいます。

ここで降りたいという娘、でも幾ら何でも道路の真ん中で下ろすわけにはいきません💦

車が後方から来ていないのを見計らって長蛇の列から抜け、右側の路肩に一瞬車を停め娘を降ろしました。

その間おそらくたったの2秒

すると警察官が突然そこに立っていました。なんの前触れもなくいきなり居た感じです。

まさか一瞬停まっただけで問題ないだろうと思いました。が…

駐車違反を切られた理由

窓を開けるとオフィサーは一言。

“ バス停の前でのローディングは違反だよ。”

血の気が引きました。

私が停まった路肩はバス停だったのでした。

目の前にも私と同じように捕まっている車、後ろにも続々車が停まってきます。警察官は手際よく、前に行ったり後ろに行ったりしながら、駐車違反の処理をしていきます。

そして免許書を渡すとものの5分で黄色い紙を持って戻ってきました。

カリフォルニアで駐車違反した際の罰金額

そしてその紙には何と何と

$260の請求額が。2秒車停めただけなのに$260ドルって…

これがカリフォルニアのやり方か!

以下参考までにカリフォルニアにおいて駐車違反の際のペナルティ金額を表示しておきます。

駐車違反の内容ペナルティ金額
Yellow, White, Green Curb$50.00
Red Curb$100.00
No Stopping Zone$50.00
Temporary No Parking Zone$50.00
Two Hour Zone$50.00
Three Hours Zone$60.00
Four Hour Zone$50.00
Parking Permit Required$60.00
Parked Over 72 Hours$100.00
Park Parallel Within 18″ of Curb$36.00
Parkied In Designated For Disabled$285.00
Parked Within 15′ Of Fire Hydrant$100.00
Expired Registration$50.00
No Licence Plate$50.00
Nissing Of Expired Tabs$50.00
Bus Zone$260.00
Brocking Wheelchair Access$260.00

私のケースは最後下から2番目のバスゾーンの金額です。

駐車違反の内容

駐車違反と言っても、車から離れてどっか行った訳ではないのに、この高額な罰金は絶対おかしいと思い、帰ってきてから色々調べてみました。私の場合はバスゾーンの駐車違反でCVC22500というコードでした。

CVC22500というコードについての内容

一部の箇所だけ抜粋して訳しています。

次のいずれかの場所で、他の交通との衝突を避けるために必要な場合、または保安官または公式の交通管制装置の指示に従う場合を除き、人は、有人または無人にかかわらず、車両を停止、駐車、または放置してはなりません。

(i) 地元の交通機関で一般運送業者として従事しているバスの乗客の積み降ろしが許可されている縁石スペースのそばで、設置または塗装された縁石に標識または赤いペンキで示されている場合。

California legislative information から抜粋

こう読む限り、いくら中に人が乗っていてエンジンがついていたとしても、停まった時点でアウトということです。

他にも知っていないといけない交通ルール

カリフォルニアの交通ルールについて新たに学んだことがあります。

特に以下が知ってたようで知らなかったことです。

Red Curb 赤く塗られた縁石の停車

エンジンがかかっていて人が乗っていたとしても、車が動いていなければ違反になります。レッドゾーンのパーキングチケットは$100です。

パラレルパーキングは18”(45cm)以内であること

カリフォルニアでは、パラレルパーキングをする場合、縁石から12”~18”以内に駐車というルールがあります。18”(約45cm)よりオーバーしていた場合は罰金$36になります。

消火栓の15フィート以内に駐車してはいけない

消火栓の前に車を停めてはいけないことは知っていましたが、ここカリフォルニアは、消火栓の15フィート以内(約4.5m)に停めていても駐車違反となります。(縁石が赤にペイントされていなくても違反です)

15フィート以内に駐車した場合の罰金は$100になります。

他にも沢山ありますが、詳しくはこちらDMVのサイトのIllegal Parkingという項目にも書いてあるので参考にしてくださいね。

まとめ

他州からカリフォルニアに移動した場合、今まで住んでいた州では当てはまらなかった交通ルールが沢山あります。私のように痛い経験を通して学ぶ(プラス痛い出費も)ことが無いよう、今回はシェアさせてただきました。

いいね! のクリック更新の励みになります。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


北アメリカ(海外生活・情報)ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました