【アメリカ国内 】変更手続き&引っ越しチェックリストを時系列でまとめました

日常のこと

こんにちは。

実は、半年後に引っ越しすることが決まり、今事前準備として引っ越しチェックリストを作成しています。

引っ越しはやらないといけないことが沢山あるので、チェックリストで管理し、一つずつ着実にやっていけば、やり忘れも防げ精神的にも楽ですよね。

いつ頃に何をやればいいかなど具体的に書いているので、これからアメリカ国内を引越される方の参考になればと思います。

アメリカ国内 引っ越しチェックリスト

2~3ヶ月前

  • 引っ越し先を決定する。
  • 引っ越し日を決定する(大体わかる程度で)
  • 現在、住まいを借りている場合は家主、マネージメントオフィスに引っ越しすることを知らせる。
大抵の場合、引っ越す60日以前にNoticeを出します。賃貸の場合は契約書に何日前に知らせないといけないか記載されているはずなので必ず確認しましょう。)
  • 引っ越し予算を決める
  • 引っ越し業者を依頼するか、全て自分でやるかを決める
  • 引っ越し業者にする場合、どの会社がいいのかリサーチする。
  • 自分でやる場合はトラックをレンタルするのか、コンテナをレンタルするのかなどリサーチする
  • 引っ越しに持っていく家具や荷物のリストを作る。
  • 車を輸送する場合は輸送会社をリサーチする。

私はコンテナをレンタルし、引っ越し先まで運んでもらう予定です。以下の会社を検討しています。短距離はPODS、長距離はU-PACKの方がおすすめのようです。

PODS

U-PACK

 

2ヶ月前

  • 引っ越し業者サービスを依頼し契約する。
  • 引っ越しトラックやコンテナーのレンタルを依頼する。
  • 車を輸送する場合は輸送会社を決め契約する。

1ヶ月半前

  • 定期購読しているものをキャンセルする。(アマゾンサブスクリプションやジムのメンバーシップ、マガジン、新聞の定期購読など)
  • I PASS解約する
  • 州外に引っ越す場合は、引っ越し先への移動手段をリサーチする。
  • 飛行機で移動する場合はチケットを購入する
  • 車で移動する場合は車をチューンナップする。

1ヶ月前

  • 子供が通っている学校やデイケアの辞める手続きをする
  • 子供の小児科医にワクチン接種のコピーを出してもらう
  • ペットがいる場合、Vetにワクチン接種のコピーを出してもらう
  • 引っ越し先に持っていかない家具などを売り始める
  • パッキングを始める

以下の住所変更の手続きを開始する

  • 保険会社(自動車保険、ホームオーナー保険)
  • カーレジスタレーション
  • USPSに新住所を知らせ転送サービスを申し込む
  • 公共サービス(ガス、電気、電話、水道)の解約手続きと新規加入手続き
旧サービスの停止と引っ越し先の新サービスの開始の手続きをします。引っ越し日の前日から使えるようにするとスムーズに新生活がスタートできます。アパートやコンドミニアム、借家の中には公共料金やケーブルTV、インターネット代が共益費の中に含まれていることがあるので確認しましょう。
  • 携帯電話会社
  • クレジットカード会社
  • Village Hall (住んでる街の市役所)に転出届を出す。
水道はVillage Hallに支払っていることが多いので、引っ越しする日又はクロージングの日を連絡し、Home Ownerの名前を変更してもらいます。

1週間前

  • 公共料金の支払いを全て完了する
  • 輸送する車を取りに来てもらう日の段取り、確認などを行う。
  • 引っ越し当日に持っていく荷物をスーツケースにパッキングする
  • 先に郵送する荷物があれば送る

引っ越し日

  • 家の掃除が完璧かチェックする
  • 空き家の状態の写真を撮る。
  • 家主やマネージメントオフィスと最後のインスペクションをする。
  • 鍵を返す(家を売却した場合はリアルターに渡す)
  • 引っ越し業者にお金を払い仕事を託す
  • 荷物をトラック、コンテナに積み込む
  • 引っ越し先に向かう

引っ越後のチェックリスト

引っ越し先 当日

  • 鍵を受け取る。
  • 新しく引っ越した家の状態を写真、ビデオを撮る
  • 公共サービスが使用可能かチェックする

1週間以内

  • Village Hall 転入届を出す。(レクレーションガイド、シティガイドなどのパンフレットがあったらもらっておく)
  • 鍵を新しいものに変える。
  • スペアキーを作る
  • ゴミの収集日などをチェックする
  • 免許書の住所を変更する
  • 車両登録の住所変更をする
  • ナンバープレートの変更をする
  • 米国移民局に住所変更する
  • 領事館に住所変更の届を出す
  • Renter’s インシュランスに加入する
  • 就学する子供がいる場合は、子供の学校に連絡し手続きを行う
  • プライマリードクターや歯科医を探す。

まとめ

今回は、私が引っ越し準備のために作成しているチェックリストを紹介させていただきました。引っ越しはやらないといけないことが沢山あるので、リストを事前に作り、それに沿って一個ずつやっていけば、忘れたていたりすることも防げ、精神的にも気が楽ですよね。

引っ越しは沢山やることが多すぎて気持ち的に不安になりますが、一つずつ着実にこなしていけばいずれ終わります。って当たり前ですが。千里の道も一歩からって感じですね!

実際の引っ越し当日の記事はこちらです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました